Top
<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
石原稔久さんの工房にて
c0172177_22535229.jpg

本日は旅の終盤に訪れた九州は福岡の陶作家「石原稔久」さんの工房よりお届けします。周りを森に囲まれた広〜い敷地。窯小屋前のこの写真はまるで北欧の風情です。
c0172177_22541011.jpg

「カリカリ」と。大分から取り寄せている豆をミルで挽いて美味しいコーヒーを入れてくださいました。お盆も含めて石原さんの作品。「良い物がなかったから自分で作ったんですよ。」という淡い色のお盆に黒いマグ。そして平らなお皿にちょこんと鎮座するのは米俵の形をした和三盆のお干菓子。美しいのひと言です。この時点で「あ〜。遥々来て良かったぁ。いい人に出会えたよぉ。」と心躍る私。
c0172177_23174641.jpg

そして圧巻の窯を見せていただくことに。土地の傾斜に沿って作られた大きな大きな登り窯。すっ、すごい。大物を焼く為に年に二度ほど使うのだそう。5日間8時間交代でつきっきりの真剣勝負。石原さんのご両親、そして奥様も陶芸家という陶芸一家。焼成の際には陶芸を学ぶ学生さんもお手伝いに来るそうです。
c0172177_233082.jpg

続いて、先ほどよりは小型だけど十分大きな薪窯へ。窯の両側から薪を焼べてレンガで空気の量を調節出来るようになっている。
c0172177_23313041.jpg

窯の内部。レンガが真っ黒に艶めいて漆塗りのような質感になっていた。きれいだなぁ。

c0172177_2349664.jpg

こちらはアトリエ。形づくられたいくつもの作品が静かに佇んでいました。

c0172177_23594729.jpg

飲み物が入る内側はツルリと。肌が触れる外側はざらりとチョークのような感触。作品を作る時は、完成されたイメージが頭の中にあって、手法にはこだわらずに、どうしたらそのイメージに辿り着く事ができるのかを考えながら制作するのだそう。
c0172177_074370.jpg

石原さん曰く「寝ているような。浮かんでいるような。」はにわの涅槃と小仏たち。ちょっと気が抜けてて何とも愛らしい。ぶつぶつと話し合っていそうだなぁ。
c0172177_0104443.jpg

画家シリーズより、最も敬愛しているというモディリアーニの像。この穏やかな表情、いいですよね。石原さんご本人も本当に気さくで温かい方で、楽しくも濃いひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございます!
[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-08 22:30 | ARAHABAKIが出来るまで
徳島にて。「中西申幸」さんと「aalto coffee」
c0172177_21441647.jpg

新しい年を迎え、気持ちもようやく普段モード。本日は先日の旅で訪れた徳島を振り返ります。写真は四国八十八ケ所霊場巡りの出発点で「一番さん」という愛称で親しまれている霊山寺。立派な山門をくぐれば、弘法大師のお導きにしたがって巡る「同行二人」の旅が始まるのです。私はやったことがないけど、時間に余裕ができたら一度はお遍路さんしてみたいな。
c0172177_030123.jpg

さて、この日の目的の一つである陶作家の「中西申幸」さんの工房とご自宅にお邪魔することに。中西さんとはご縁があるようで、都内のギャラリーで偶然目にとまったDMの器を見てひょっとしてと思ったら、中西さんの展覧会のお知らせだったり、西々のあやちゃんも同じ頃にクラフトフェアで中西さんに出会っていたり。ARAHABAKIチームと西々チーム、子供3人も含め7人で押しかけてしまったけど、中西さんにも就学前のお子さんがおり、ランドセルの肩ひもの形状についてなど教えてくださり、なんだかお友達のお家に遊びに来たかのように和やかに過ごさせていただきました。
c0172177_029784.jpg

白と黒の粉引きの器たち。シンプルだけど洗練された形、所々に入る鉄点がいい味わいを出しています。常に使う人のことを考えイメージしながら、週の半分は深夜まで制作に励んでいるのだそうです。お忙しい中、オープンに間に合うように作品を制作してくださることになりました。ありがとうございます。
c0172177_0311211.jpg

ラストはコーヒー豆屋さんの「aalto coffee」へ。自家焙煎の珈琲豆の販売とカフェスペースが併設されている。先日の超楽しかった「もみじ市」に珈琲豆が出店されていたり、昨年の秋に渋谷の「オルネ ド フォイユ」で開催された「Coffee Festival 2008」にも選出されていたりと、コーヒー通の間で話題のお店。私は二つとも足を運んだけど既に完売!だったので、秘かにこの日を楽しみにしていた。
c0172177_23324296.jpg

「コーヒー大好き!だけど正直よく分からないのです。あまり濃くなくて酸味が少ないものを。」とお願いすると、アアルトブレンドをこれまた大好きなittalaのTeemaカップに丁寧に注いでくれた。普段はお砂糖やミルクを入れてごまかしながら飲んでいるけど、ストレートの優しい美味しさに感激。コーヒーマスター「庄野雄治」さんとの穏やかなおしゃべりも楽しかった。四国展のコーヒーはaalto coffeeさんに決まりです。
c0172177_23491323.jpg

整然と種類別に並べられた珈琲豆。見るだけでうっとりしちゃいます。

[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-06 23:06 | ARAHABAKIが出来るまで
明けましておめでとうございます。
c0172177_2220816.jpg

大晦日の夜。紅白歌合戦を家族で見届けた後に、我が家の恒例行事となっている光徳寺での除夜の鐘つきに行ってきました。ここ数年はこの行列に並んでいる途中で新年を迎えています。
c0172177_22212291.jpg

歩いてすぐの光徳寺。毎日、朝5時・昼12時・夕5時に鐘をお寺の住職さんが鳴らしている。「ゴォ〜ン」と深い音色はすっかり耳なじみとなり、この近辺の住人の生活リズムに溶け込んでいる。この鐘の音は明治・大正期の文豪、徳富蘆花の「自然と人生」にも登場するのだそう。そんな鐘をこの日はみんなで順番についてゆく。「今年もよろしくお願いします。」と思いを込めて。
c0172177_22285054.jpg

一夜明けて元日の晴れやかな富士山。新しい年の始まりです!

[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-04 22:32 | つぶやき



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ