Top
カテゴリ:葉山の暮らし( 30 )
葉山〜鎌倉ハイキング
c0172177_22295232.jpg

今日は幼稚園の保護者ハイキング。葉山から鎌倉まで約7Kmを園長先生とひたすら歩く集い。昨年に続いて今年もはりきって参加!葉山と逗子を繋ぐ長柄トンネルを抜けて、逗子海岸に出る。
c0172177_2235216.jpg

わ〜い。桜貝ゲット!12月にしては暖かかったけど風が強く浜辺には人気がまばら。134号線に沿って続く海岸の浜辺を歩いて、浪子不動と呼ばれるお堂の脇から披露山の頂上へと続くハイキングコースを登る。
c0172177_22385616.jpg

明るく整備されたハイキングコース。柔らかな日差しに落葉樹の落ち葉が心地よく降り注いでこの上なくいい気分。
c0172177_22424812.jpg

実を烏が好んで食べることから「烏瓜(カラスウリ)」というそうです。鑑賞用としても奇麗だし、打ち出の小槌に似た形の種を取り出してお財布に入れておくとお金持ちになれる!らしい。
c0172177_22471532.jpg

山頂付近から葉山方面を眺める。柴崎のナチュラルリザーブに先日の強風により座礁してしまった大きなクレーン船がここからでも見えた。岩礁を傷つけずに上手に沖に出すことは出来るのだろうか。心配。
c0172177_22553574.jpg

披露山の頂上から住宅地の坂を下って、逗子マリーナの手前にある小坪の商店会を通る。魚介の定食で人気のお店「ゆうき食堂」。今日もお店をはみ出して隣の駐車場の席までお客さんで賑わっていた。
c0172177_230162.jpg

私たちは逗子マリーナに隣接する小さい公園でのんびりお昼ご飯。といきたかったが、トンビに手元のおにぎりを狙われないように、ものすごくビクビクとこっそり早弁したのでした。結果として誰一人食べ物を奪われることなくランチ終了。ホッ
c0172177_236665.jpg

逗子マリーナから、また134号線沿いに進む。程なく鎌倉の由比ケ浜海岸に到着。鶴丘八幡宮への参道に続く滑川付近から道路に上がって、後は鎌倉駅へ向かってまっすぐ。楽しくおしゃべりしながら歩いたからか、それほど疲れも無く、それでもここまで歩いてこられたという達成感に満たされ嬉しかった。園長先生、楽しいトーク&道案内ありがとうございました。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-12-11 23:16 | 葉山の暮らし
「旧音羽楼跡地」樹木の里親募集2
c0172177_22572547.jpg

先日お伝えした「旧音羽楼跡地」樹木の里親募集。今日は軍手とスコップ持参で再び。この立派な門も引き取り手を募集していたけど、誰か見つかったのかなぁ。とても気になる。
c0172177_2322988.jpg

敷地の中の建物はすっかり取り壊されていて広場のよう。樹木の里親募集のお知らせを聞きつけた人々が集って和やかに談笑タイム。奥の巨木が伐採を免れたエノキ。新しい建物のシンボルとなるのでしょう。楽しみです。
c0172177_23301096.jpg

私たちはもっぱら草系で(笑)。熊笹やハラン。ヤツデやツタなどを分けていただきました。足元をよく見ると水仙の球根が葉を出していたので、そちらも掘り起こして。宝物探しのようで楽しかった。
c0172177_2317842.jpg

跡地に隣接する森山神社の参道から見たところ。春の葉山芸術祭ではこの参道にビッシリとマーケットが出店される。参道に沿って左側が旧音羽楼跡地。樹木が参道に迫り出して気持ちのいい木陰を作っている。芸術祭の顔でもあるこの参道との境界のデザインも協議の上、決められてゆくらしい。
c0172177_23251191.jpg

森山神社の階段桟敷から塀向こうの敷地を見る。遠くには海がキラリと光って見える一等地。かつての別荘が次々と実に淡々と細分化された宅地に姿を変えて行く中、このようなケースは非常に稀。どんな姿で再生されるのかあたたかく見守っていきたいと思う。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-12-07 23:35 | 葉山の暮らし
「旧音羽楼跡地」樹木の里親募集
c0172177_21191262.jpg

「音羽楼の敷地内の木を貰えるらしい」という情報を聞いて、昨日どんなものなのか見て来た。134号線にあるケーキ屋「鴫立亭」の脇の旧道を入った小道沿い。音羽楼はもともとは証券界の重鎮、玉塚栄次郎が構えた別荘。約480坪の敷地に建つ平屋の和風建築だったそうだ。一度は訪れてみたいものだと思っていたら、昨年いつの間にか建物が取り壊されていて、宅地開発が入って細分化されるらしいと小耳にはさみ心を痛めていたのだ。

今はなき旧音羽楼跡地に立つ。在りし日の面影はもうないけれど、宅地開発業者との交渉を重ね、幸い敷地を一括で買い取り!跡地に隣接した森山神社の参道沿いの樹木などを残して、木造低層の賃貸住宅を建設するプロジェクトが始まっているらしい。すごい!格好いい!!

なるほど。敷地を取り囲むように様々な木々や植物が伐採を免れて残されていた。(良かったね。)特に奥のエノキの巨木は圧巻!「この立派な木は残して建物を設計します。」と、このプロジェクトを進めている方から話を聞いて嬉しくなった。既に「この木が見える部屋を借りたい。」と申し出ている人までいるそうだ。

来る12月7日(日)には、この跡地にて残すことのできない樹木の里親募集の受付けを行っています。こちらは先週から募集が始まっていたので、既に嫁ぎ先の決まった木が多かったけど、行く価値ありです。私はすみっこに生えていたハランや熊笹、それから壁をつたっていたヘデラなんかをもらう予定。なんといっても素晴らしいバックストーリーを持つ樹木や植物たちですから。ワクワク。

午後2時〜はこの敷地と参道および道路の境界部分のデザインについて周辺住民の方や森山神社・旧音羽楼跡地と縁のある方々とともに考えるワークショップ(というか話し合い)があります。その後6時〜は海の家「オアシス」さん協力のもと「師走のおでん大会」なる楽しいイベントもありますよ〜。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-12-01 21:59 | 葉山の暮らし
富士見日和
c0172177_2284266.jpg

今週はほぼ毎日のように富士山が見える。富士山が見える日は「ふじさん。おはようございます!」と挨拶をするように息子にも言い聞かせており、ここ数日間は楽しく富士山観察をしている。「今日の富士山はシャキッとしてるねぇ。」海の色も濃くて富士山の美しさを引き立てているみたい。この一ヶ月で積雪の面積もかなり増えた。「今度富士山に登ってみた〜い。」と息子は言ってるけど、ふっふっふ。この前の仙元山とはわけが違うよ。でも、もう少し大きくなったらトライしてみたいね。
c0172177_22213877.jpg

赤い鳥居がある岩場は名島。名島は真名瀬海岸(しんなせ)の沖にある島(岩場)のことで釣りのポイントとしても有名。今日は朝早くから釣舟が沢山出ていた。アジかなヒラメかな?こちらも近々挑戦してみたいことの一つ。ワクワク。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-11-22 22:44 | 葉山の暮らし
仙元山ハイキング
c0172177_21494674.jpg

秋と言えば山歩きでしょう!息子の通う幼稚園は外遊びが多い。今日は仙元山ハイキングに付いて行ってきた。気合いを入れて園児達との待ち合わせ場所、葉山町クリーンセンターまで徒歩!すでに若干疲れる。。今日のコースは距離的にはあまりないからとタカをくくっていたら、クサリ付きのものすごい急な階段を下ったと思ったら今度は上り。アップダウンの連続じゃぁないですかぁ。
c0172177_21583994.jpg

それにしても子供たちはタフだ。園長先生に続いてどんどん走るように着いて行く。ハイキングと言うより、もはやトレイルランニング状態。景色を眺める余裕は私たちにもなかった(笑)
c0172177_2214056.jpg

約一時間頑張って、やっとのことで仙元山展望台へ到着。山から見下ろす葉山の町並みと相模湾。いや〜疲れたけど、やっぱり清々しくて気持ちいい!今日は空が霞んで見えなかったけど、富士山が真正面に拝める歴史ある場所なのだ。富士山の神霊を尊崇する浅間信仰。その山霊を祀るのが日本の各地にある浅間社で、葉山の山や神社にも浅間社が多くあるらしい。というわけでこの仙元山も富士山遥拝所としての歴史を伝える「不二仙元大菩薩」の石碑があるのです。
c0172177_22175591.jpg

ここで園児とは分かれて、私たちはボンジュール方面へ下りました。ほどなく10分くらいで下界に到着。しかし、園児は来た道のりを引き返して帰ったのだ〜。なんという体力。これなら小学生になれるよ!そう確信した母でした。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-11-18 22:23 | 葉山の暮らし
峯山ハイキング
c0172177_22535834.jpg

曇り空の下、葉山〜横須賀に横たわる峯山へとハイキング。私たちは葉山公園に車を停めて、下山口の住宅地からアプローチ。海岸線に沿ったコースはなだらかでお散歩気分。
c0172177_2258373.jpg

わぁ〜!こういうトンネルみたいな所が大好き。トトロとか本気でいそう。季節がら、つる性の植物がワイルドに茂っており、天然トンネルができていた。
c0172177_2303754.jpg

横須賀方面に進む。左側に峯山。右側は海。最高に気持ちいいですなぁ。

c0172177_2323194.jpg

あれっ。カッパがいると噂の大池を見てみたかったんだけど、気づいたらちょっとコースを外れたみたい(笑)横須賀市の秋谷あたりは、葉山よりもっとのんびりしてる。このつぎはぎの小屋いいなぁ。
c0172177_2321448.jpg

うわぁ。この小屋もいい感じ。色の退色具合がかなりいいねぇ。

c0172177_2383966.jpg

通りすがりの地元の人に聞いて、また山に入る。山頂付近の久留和グラウンドを過ぎたあたりで雨が降ってきたから大きな木の下で休憩。森の中だし葉っぱの傘のお陰でほとんど濡れなかった。
c0172177_23123188.jpg

長者が崎→となっている看板があったので、山道で帰ろうとしたら途中で道がなくなっており!(誰も歩かないから道が森に溶け込んでいる〜)ちょっぴり怖くなって引き返しましたぁ。ほどなく下山口の茅木山唐申塔に出てホッと安心。ここからは住宅地だもんね。我が家の裏山の大峰山はハイキングコースがちゃんと整備されているから、迷いようがないけど峯山は違うのかぁ。次回はもっと調べてから来ようっと。

追伸。
NPO法人 葉山まちづくり協会より「葉山を歩こう 散策マップ」というものが、葉山図書館の2階で販売されています。(ホームページでも詳しく紹介されています)私は9枚セット700円を購入。今回の峯山コースもばっちり載っていました。どうやら私たちは逆歩したようです。。リベンジしなければ!
[PR]
by habaki-hibi | 2008-11-10 23:33 | 葉山の暮らし
冬のしたく
c0172177_4315798.jpg

久々に何も予定のない土曜日。息子の通う「星の子造形教室」へと続く石階段をのんびりと登る。昨晩から小雨が降っていてちょっと寒い。雨に濡れた木々の緑にランタナのピンクや黄色、セージの濃い紫色が際立って見えた。今日は雨のため、先生が昨日のうちに裏山で採ってきてくださったアケビのツルで、カブトムシとトンボを作ってきた。例年は子供たちと一緒に山へ入ってツルを採るそうだ。私も来年は一緒に採りたい!
c0172177_230395.jpg

午後は夫も一緒になってクリスマスツリーの組み立て。ヒンジ式と呼ばれるタイプのもので一番下から枝を一つ一つ広げていくので、結構手間なんだけど見た目も自然で美しい。せっせとサンタさんへのお手紙(というかおねだり)を書く息子。今年も来てくれるといいね。
c0172177_23121135.jpg

紋切り型の本を見て、色紙で作ったオーナメント。和なんだけど意外にツリーになじむ。
c0172177_427663.jpg

我が家はオーナメントのみの電飾なし。ちょっと早いけど1ヶ月ちょっと楽しませてもらいます。ご近所はこれからのシーズン、イルミネーションを外に向けてアピールするお家が多い。キラキラ〜。普段は夜になると真っ暗闇!だからその差に始めは驚いたけど、何事にも真剣に取り組む姿勢。大事です。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-11-08 23:36 | 葉山の暮らし
森戸海岸 焚き火の集い
c0172177_15105238.jpg

我が家では、ここのところすっかり部活動化している焚き火遊び。場所は森戸海岸。
今日は「葉山堀内 友の会(勝手に命名)」の皆さんと共に。大人が8人、子どもが4人、ワンちゃん1匹となかなかの大所帯。みんな家を出て坂をだらだら下っているうちに海に着く距離に住んでいるから、仕込んだ食材やテーブルとか椅子とかをキャリーや自転車に積んで、おしゃべりしながらのんびりやってくる。
c0172177_15113086.jpg

森戸神社境内の松林を背景に海を眺めながらの集い。
夕方から集まって、日没と同時にランタンを点灯。持ち寄りの食べ物を食べつつ、焼きつつ、お酒を飲んで大人達は上機嫌♪
c0172177_1511642.jpg

子ども達も今日は特別に夜の海で遊べるとあって、食事そっちのけで真っ暗闇の浜辺で鬼ごっこ。真っ暗なもんだから浜辺に停めてあるヨットのロープに引っかかり、転んで泣く子数名。しかし すぐにケロリ!みんなめちゃくちゃ元気。
c0172177_15132217.jpg

クライマックスはファイヤーグリルに薪をくべての焚き火。夜も更けると寒くなるから焚き火を囲むように座る。火を囲むとなんだか和む。焚き火の炎は優しくて暖かかった。一度トライしてみたかった、焼きマシュマロ(美味!)も出来たし、ストーブでお湯を湧かしてコーヒーも飲めたし。外ご飯を満喫しました!

焚き火の火が消えた所で今日はおしまい。
皆さん笑顔で、ちょっと軽くなった荷物を引きづりながら、家へと続く坂を上ったのでした。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-10-04 23:17 | 葉山の暮らし
本日は晴天なり
c0172177_11385239.jpg

ここのところ ずっと天気が悪かったけど今日はスッキリ。
久々に海の濃いブルーと空の薄いブルーの二層に分かれてる。
天気がいまいちだと、海と空の境目がなくて水平線が見えない。
どこまでが海でどこからが空の始まりなのか分からなくて、
気持ちもふわふわと落ち着かない。

海の近くに住んでいるとヨットをやっていたり、カヤックをしたりする人がやっぱり多くて、皆さん 風の向きや海の見え方で天候が予測できたりする。
今日は午後から風が強まりそうだから、海はいかないほうがいいよ〜とか。
水平線がガタガタに見えると波が荒いとか。

私がせいぜい分かるのは「名島」がどのくらい隆起して見えるかで、
満ち潮か引き潮かを判断するくらいだけど。
大潮の日に近くの「芝崎海岸」に行くと、向芝原という普段は海の中にある所に歩いて行けて、ウミウシやホヤなど様々な海洋生物に出会えたりして楽しいのだ。

今日みたいにすっきりと海と空が分かれて見えると何故だか気持ちいい。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-10-02 12:41 | 葉山の暮らし
「旭屋コロッケ」ゲットならず!
c0172177_21184857.jpg

今日は息子の幼稚園の運動会!
年長児なので出場する種目も多く、夫&夫の両親と一緒にはりきって応援。
そんなに広くはない園庭で運動会をするから、すごい人口密度。
でもその分だけ園児との距離も近くて、
皆さんかなりの寄りで写真やビデオ撮ってました。

かけっこに始まり、くす玉割りやリレーやおゆうぎ。
「だるまはこび」なんて微笑ましい競技もあって可愛かった。
年長児ともなると、色んな事がそつなくこなせるようになるのね、なんて感心。

最終種目は保護者の「椅子取りゲーム」。
毎年「旭屋コロッケ詰め合せ」の賞品狙いで白熱のバトルが繰り広げられるのだ。
私もかなり気合いを入れて望むも入賞のラスト5人には残れず。。悔しい〜

最後は先生からメダルとご褒美を沢山もらって子ども達はご満悦。
そんな嬉しそうな子どもの姿が親は嬉しいんだよね。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-09-27 21:43 | 葉山の暮らし



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ