Top
カテゴリ:葉山の暮らし( 30 )
神輿三昧(森戸神社例大祭にて)
c0172177_22301181.jpg

今週は前半から飛ばしてますよ〜。毎年9月の7日と8日に開催される森戸神社例大祭が、今年は月曜日と火曜日だったのです。森戸界隈の町内会から沢山の神輿が神社に集まる中、息子が入っている真名瀬子供会も子供神輿を出しました。この神輿を担がせる為に子供会に入ったと言っても過言ではないくらい、楽しみにしていたので「ようやくこの日が来たか!」と気合いが入ります。

熊野神社を出発して海沿いの真名瀬海岸へ。西日が眩しくて暑い!お揃いのハッピに身を包み、海沿いを歩いて森戸神社を目指します。

c0172177_22525080.jpg

沿道から「頑張って〜!」などの声援を受けると、「わっしょい!わっしょい!」一段と大きな声で答えていました。晴れがましい気分で意気揚々と森戸神社の参道を練り歩きます。

c0172177_22572840.jpg

無事に森戸神社へ到着!よく頑張ったね。

それにしても何人いるんだろう?葉山は少子とは無縁ですね(笑)。この後、神社を後にして行く先々の休憩所で差し入れを頂き、楽しい楽しいお神輿は終了しました。大人になってもこの日のことを憶えておいて欲しいな。

c0172177_2391599.jpg

こちらの立派な神輿は真名瀬会の大人神輿。

日が高いうちはこの精悍な姿で町内を練り歩きますが〜。


c0172177_23113262.jpg

ジャン!

日没後は名物の電飾神輿になって、祭りを盛り上げます。掛声はもちろん湘南甚句のどっこい担ぎ。「どっこいどっこい!」「どっこいそりゃ!」威勢のいい掛声が海岸に響き渡っていました。

いや〜。お祭りに活気があるってやっぱりいいですなぁ。この町に住んでで良かったと改めて思った二日間でした。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-09-08 23:26 | 葉山の暮らし
葉山アルプス
先日、葉山アルプスにふらっと行ってきました。
相方(妻)と小猿は友達と海へ。予想気温34℃の中よくいきますな。
ルートは全て徒歩で、自宅〜仙元山〜南尾根〜乳頭山〜馬頭観音〜二子山〜森戸川〜自宅の予定。
結構な距離なので一日で回れるかわかりませんがスタートです。

c0172177_20522132.jpg

さっそく仙元山頂上到着です。あっさり着いたようにおもわれますが、小道の半分が草ぼうぼうで
踏みならし、日向100%の暑さもあって、すでに滝のような汗。日陰がほぼないのでだっれもいません。海に行ったほうがよかったか…と後悔。

c0172177_20523216.jpg

南尾根付近で以前はなかったブランコを発見。


c0172177_20523926.jpg

しばらくすると日陰が多くなり快適で、走ったり歩いたり。思ったよりも虫は少なかった。
思い立ったら海や山に行ったり。こういうとき、身近に自然を満喫できることは、最高に贅沢だなあと思う。

c0172177_20524989.jpg

所どころ日差しが入り込む箇所には可憐なお花も咲いております。
和み涼みつつブラブラしていましたが、畠山方面入口付近から状況が一転。
薮薮…道が消えつつあります。薮こぎ&クモの巣払いをえんえんと。
反対方面から来た数人の方、ラッキーでしたね(涙)。
持病の膝痛がでたり、茂って景色も見えなく飽きてしまったこともあり、結構進んでしまいましたが、連絡路を使い森戸川終点まで戻って帰ることにしました。

c0172177_20525699.jpg

用意はしてきたので、なんとかスペースがある場所でごはん。お気に入りの燃焼セットでお湯を沸かします。
しかしT's Stoveさんのストーブや風防は凄いです。作りも仕上げも丁寧。日本が誇るULストーブです。ARAHABAKIでもいくつか扱っていますので、機会があったら見にきてくださいね。

c0172177_2053432.jpg

今回は土屋さんのレシピをもとに少しアレンジしたカレーごはん。うまく出来ました。ごはんの後はわかめスープも。今回は日帰りソロなので、器はジップロック+作家ものチタンスプーン。横着してすみません…。

c0172177_2053333.jpg

ごはんを食べ、まったりしてから下山です。葉山アルプスはジェットコースターみたいな上下の小道が結構あるので、良い腹ごなし運動になります。最近はトレイルランニングコースとしても人気のよう。著名なI氏にもあえるかも?

c0172177_2053451.jpg

森戸川に到着!さっそく足をアイシング。ひんやりしてとっても気持ち〜。


c0172177_20535381.jpg

やっぱり森戸川沿いの小道はとても雰囲気があり大好きです。ここはオールシーズンいいです。
葉山アルプスは散策マップと、どんな花や木があるのか紹介するマップもあるので、葉山図書館にたちよって確認してからハイクをすると、さらに楽しいですよ。

今回はちょっぴり残念でしたが、まあ夏に山の方にいったことが無かったのでよい経験と思い、秋になったら家族でまたこようっと。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-08-24 22:33 | 葉山の暮らし
森戸の浜の盆踊り大会
c0172177_21123669.jpg

13日の木曜日の夕方。いつもの森戸海岸にて。今日はスペシャルナイトなのです!


c0172177_211469.jpg

森戸の海の家「OASIS」にもお客さんがいっぱい。
「きれいだねぇ〜。」みんなが見つめる先は?


c0172177_2116362.jpg

海と波打ち際の浜辺にも反射してキラキラと輝く夕日。
さぁ、夕日が沈んだということで。そろそろ始まりますかな〜。


c0172177_2118411.jpg

じゃん!なんとも葉山らしく「浜辺の盆踊り大会」が、この日開催されるのです。
海水浴場の終了時刻午後5時を過ぎてから、たったの2時間で竹製のやぐらを組み立て、ちょうちんを飾り付ける早業で風情あるステージが完成しました。

c0172177_21235612.jpg

ちょうちんに灯りが点るとさらに雰囲気がアップ。このちょうちんは前もって町民を始めとした人々が一つづつ心を込めて描いたものなのです。我が家も参加して息子が一つ描かせてもらいましたよ。この灯りをたよりに懐かしいひと達が帰ってくるんですね。

c0172177_21282183.jpg

辺りもだいぶん暗くなって沢山の人が集まって来ました。いよいよです!
盆踊りのやぐらの中でスタンバイしていたのは〜?


c0172177_2131440.jpg

「盆バンド」のみなさんです!


とっても珍しいと思うんですが、葉山森戸の盆踊りはギターやサックス、トロンボーンを始めとした生バンドが演奏するんです!そこに和太鼓と笛、ボーカルが合わさってなんとも贅沢なライブ感溢れる盆踊り大会。

改めて思う。葉山って祭り好きだなぁって。しかも準備から本番まで楽しんでやりきっている姿勢は尊敬に値します。葉山、大好きだよ。来年は浴衣を着て踊りたいな。

c0172177_21521519.jpg

ちょっとオマケ。盆踊りを早めに引き上げて、明くる日の早朝向かったのは山梨県の「道志の森」。性懲りも無くまたキャンプです(笑)

友人家族と合流して、ワイワイと。朝早かった事もあり、いいロケーションにテントを張れたし、我が家にしては天候に恵まれ(笑)、快適に過ごして来ましたよ。やっぱり雨降らない方がいいね!
[PR]
by habaki-hibi | 2009-08-15 22:05 | 葉山の暮らし
正しい夏休み
8月に入ったけど、あんまり暑くないですよね〜。しかもなかなかスッキリと晴れの日がなくて夏の気分がいまひとつ。。いまだ海の家にも行っていない私です。

それでも昨日はお天気だったので、家族で真名瀬海岸へと歩いて行きました。浜辺は暑いけど、裸足で波打ち際に立っているだけで充分なくらい涼しい。でもせっかくだからね!かなり時間と気合いを入れて胸まで入水。う〜ん、入ってしまえば割とへっちゃら。浮き輪とボートに乗って名島近くの岩礁まで手漕ぎで進んだりと楽しく過ごしました。
c0172177_2262916.jpg

そんなに暑くなかったせいか、体力も消耗せずに、夕方からは横須賀の花火を見に行くことに。毎年家の屋上から見る葉山の花火(1,000発)とは明らかにスケールの違う10,000発。ラストのお祭り騒ぎのようなドンドンバンバンと上がる連弾には「こんなに一度にいいのかぁ〜」なんて変な理由で泣きそうになりました。

今週から来週にかけては積極的に外で遊ぶ予定の我が家。かねてから楽しみにしていた、3knotさんのムーンライトウォークに参加したり、キャンプは何と中三日あけて2度行く予定。。体がついていけるのだろうか。それが一番の心配です(笑)。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-08-02 22:18 | 葉山の暮らし
あの場所へ
海開きの昨日。あまのじゃくな私たち家族が向かったのは、海ではなくて川。
だってどうしても辿り着きたい場所があったから。
それは、先日のハイクツアー最終章「森戸川源流ツアー」の目的地である「うなぎ淵」と呼ばれる小さな滝。あの日は私も本当に行きたくて、参加者の皆さんが羨ましかったんです!
夫からの「行ってみる?」の誘いに「うん!」と即答。息子も快諾!

「一体ここは何処?」と思わせる程に木々が高く覆い茂った森の中を快適に歩きます。途中、先日のツアーの皆さんが降りて来たであろう、仙元山へと続く斜面を確認。かなり傾斜キツメでしたねっ!ほんとにお疲れさまでした!

c0172177_2275119.jpg

歩いていると、ブラーンと垂れ下がる実がいくつも。アケビの実ですよ。


どんどん進むと林道の終点。ここからは川に入ってサブサブと進んだところにあります。林道では、休日ということでバードウォッチングの人々や散策するひと達とかなりすれ違ったけど、ここまでくるとさすがに誰もいません(笑)。雨が少なかったせいか、水量は少なくて靴がかぶる程度でした。
c0172177_21223684.jpg

大きめの石がゴロゴロしていて歩きにくいけど、それもまた楽しい。最後に大きくカーブした先に目的地の「うなぎ淵」がありました!「お〜。ここなのかぁ。」この目で確認できて純粋に嬉しかったです。先日と同じ場所でパチリ!

林道からの往復で約6km。私はウォーターシューズを裸足で履いて歩いたらマメが出来てしまったけど、小猿(息子)は傷一つなくケロッとしている。ライトウェイトな体でやはりタフなことを立証したのでした。

夜は友人宅のバーベキューにお呼ばれ。お肉そっちのけで花火に興じる子供たちを眺めつつ楽しく過ごしました。いやはや、久しぶりに遊び倒した一日でした〜。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-07-12 22:25 | 葉山の暮らし
本気のビーチコーミング!
c0172177_21534941.jpg

昨日、横溝創(よこみぞはじめ)さんのワークショップの下見をかねて、真名瀬(しんなせ)海岸へ行って来ました。集合場所はいつ見ても絵になる真名瀬バス停。看板の潮焼け具合も良いです。

c0172177_21595329.jpg

バス停のすぐ脇に浜辺へと降りる階段があります。
この日もぐずついた曇り空。早く梅雨明けしないかなぁ。


c0172177_2232841.jpg

真名瀬の浜辺に降りる。向こうの森戸神社下の浜辺では、早くもバーベキュー族が盛り上がっていたけれど、海開き前のこちらの浜辺はひっそりとしています。海上でシーカヤックの練習をするひと達がいたぐらい。潮もかなり引いていて、絶好のビーチコーミング日和。さぁ、拾いますよぉ!

c0172177_22132397.jpg

オセロの駒にするからなぁ。こんな感じ?


c0172177_22145959.jpg

あぁこんなのもいいかもねぇ?片面だけに色を塗って仕上げます。


c0172177_2216214.jpg

もしかして、こんなのもアリ?だんだん調子出て来ました(笑)


c0172177_2216568.jpg

いつの間にか時を忘れて漂着物拾いに没頭!いやぁ、楽しいですよ。
定番の貝殻・シーグラスから、愛好家の間で人気なケミカルなものまで、落ちてる落ちてる。
ナカナカの上物を拾うことが出来て満足。「いいセレクトだねぇ〜」なんて、誰かに褒めてもらいたい気分です。

ワークショップ当日は、その後の作業を考えると、30分くらいの短い時間になりそうですが集中して拾ってください。要は山菜採りと同じでだんだん目が慣れてきますから!大丈夫。

思いのほか満足感が得られる体験ですよ!
[PR]
by habaki-hibi | 2009-07-06 22:27 | 葉山の暮らし
つくしフィーバー!
c0172177_2213079.jpg

ずっと梅雨みたいにどんよりした天気が続いていたけど、今年もしっかりと生えてきましたよ。つくし達。写真は家の裏の梅林にて。今日はすっごく気持ちのいい天気で外に洗濯を干していたら一本だけ視界に入る。それから、よ〜く目を凝らして見るとスギナと一緒にあっちにもこっちにも!キャ〜明日あたり収穫しよおっと。小さい頃から春になると川沿いの土手なんかにわざわざ探しに行っていたから、初めて葉山で迎えた春に家の裏でつくしを発見したときは本当に感激!つくしを見かけると条件反射で子供に戻り、他にもないかなと無心で探してしまう私です。

つくしに限らずこの時期、葉山の海はワカメの収穫期で友達家族は自作の竹製ワカメ採りを持って何回も海岸へ(南風が強く吹く日が最も良いらしい)。我が家もお裾分けを頂いたりしてちょっとしたワカメ祭り。

さてさて。明日は木工作家の富井貴志さん、富井深雪さん夫妻ともうすぐ一歳になる娘さんがお泊まりで訪ねて来てくださる日。沢山採れたら夕ご飯の一品につくしの佃煮を追加しようかな。

春ですね!
[PR]
by habaki-hibi | 2009-03-15 22:50 | 葉山の暮らし
はやいっ!
c0172177_1282225.jpg

年明けからずっと寒かった。最低気温は1℃くらいで昼間になっても8℃前後が続いていた。まだまだ春は遠いなぁなんて思っていたら、今朝、窓越しの梅林に白く光るものを発見!「あっ!梅が咲いている〜」早くないかっ。
c0172177_13203010.jpg

ずっと寒さが続く中、けなげに蕾が膨らんでいたのには気がついていたが、こんなに早く咲いてしまうとは。きっと昨日の深夜に降った雨の後、気温が急上昇したからかな。正午の気温は17℃だって!

うっかり咲いてしまったんだね。きっと。
明日からはまた普通に寒いよ。今年は長く梅の花を楽しむことができそうで嬉しい。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-19 13:25 | 葉山の暮らし
鎌倉まで再び歩いてみた
c0172177_2259693.jpg

先日参加した葉山〜鎌倉までのハイキング。同じルートを夫と息子と共に歩いてみました。朝は日陰の水たまりが凍るほど寒かったけど、逗子海岸に到着するころには体も暖まりいい気分。このあたりはウインドサーフィンのメッカ。沖のほうには沢山の帆がはためいていた。
c0172177_23112170.jpg

湘南の海沿いを走る国道134号線は、逗子から鎌倉へ抜ける一部の区間歩道がない。という訳で、逗子海岸から先は、ハイキングコースを歩いて逗子披露山の頂上へ。
c0172177_2316582.jpg

途中で休憩タイム。我が家のハイキングの友、ストーブに先日高知で購入した銅製のポットを乗せてお湯を湧かす。注ぎ口がかなり細口なのでコーヒーを入れるのにグット。
c0172177_2326184.jpg

山頂にある披露山公園からの景色。海の手前に見える逗子マリーナ、今から行くから待っててね〜。
c0172177_23251051.jpg

それほど広くない公園だけど、小動物園・猿舎もあったりして子供も楽しめます。小猿ちゃん。にんじんの皮をもぐもぐ食べていた。可愛いのぉ。
c0172177_23415674.jpg

逗子マリーナ脇の公園で昼食をとってまた歩く。程なく鎌倉の由比ケ浜海岸に到着。6才になりたての息子。このあたりから手を繋いで歩く感じになってきたけど、最後までがんばって鎌倉駅まで完歩!休憩を取りながらもなんだかんだで約10km。「すごいねぇ〜。」なんてお父さんに褒められ嬉しそう。
c0172177_2347647.jpg

キラキラ〜。西日が眩しい。自分の足で前に進む。歩くって気持ちが浄化されるような気がする。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-12 10:01 | 葉山の暮らし
「David Campignon」さん。葉山アトリエコンサート
c0172177_22581283.jpg

息子が通う、星の子造形教室の塚原先生のご子息「ダヴィッド・カンピニヨン」さん(お父さんがベルギー国籍)のピアノリサイタルにお呼ばれしてきました。題して葉山アトリエコンサート。ダヴィッドさんが幼少〜少年期を過ごし現在は塚原先生のアトリエとなったご自宅でのサロンスタイルのコンサート。現在はパリを拠点に音楽活動をされています。
c0172177_23125028.jpg

昨日は雨が雪に変わりそうなほど寒かった。何十段も続く石の階段を滑らないように慎重に登る。アトリエに近づくとポロロン、ポロロン♪明るくて軽快なシューベルトの楽興の時の調べが、穏やかに降り注ぐシャワーのように迎えてくれた。
c0172177_23193052.jpg

最終曲、シューマンのカーニバルについて語るダヴィッドさん。新しい年の始まりにふさわしい華やかで幻想的な曲で、終盤になるにつれてグイグイ引き込まれました。アンコールのトロイメライは息子が赤ちゃんの時によく聞いていたなぁなんて思い出して、ちょっとウルウルきてしまった。改めて生演奏って素晴らしい!と感じた素敵なひとときでした。
[PR]
by habaki-hibi | 2009-01-10 23:46 | 葉山の暮らし



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ