Top
ARAHABAKI ギャラリーとは
ある人に「ARAHABAKIってどういう意味?」って聞かれたもので。
制作中のお店のリーフレットより抜粋。

ARAHABAKI [ 読み:アラハバキ ]
日本は太古の時代から、八百万の神々が民衆を守ってきた。その神々の中に「アラハバキ」と呼ばれる門客神(もんきゃくじん)がいる。アラハバキ(荒覇吐、荒吐、荒脛巾)を祭る神社は東北地方一帯に見られる。鉄の古語である「アラ」と山伏が神聖視する「ハバキ=脛巾」があわさり、アラハバキはやがて「お参りすると足が良くなる」という足神様であったり、「旅をして回る神という性格」なので『旅の安全を見守る神様』となった。

う〜ん。分かりますかぁ。難しいよぉ。
でもひと言で表すとARAHABAKIの由来は「旅の神様」なのです。

という訳で、
ARAHABAKIギャラリーとは。

『訪れる人は(旅人)、創る人も(旅人)。』
ARAHABAKIは「旅人同士」をつなぎ逢わせるところです。

葉山を目指してやってくるお客さん(旅人)に、ARAHABAKIが月替わりテーマの企画展を開き、作品を通じて作り手(旅人)を感じてもらう。
また、企画展に関連したワークショップや葉山の四季が楽しめるイベントを開いて、(旅人)と(地元の人たち)の交流の場にもなれればいいなと思います。

(オープンは来春。第一回は四国展を予定。香川の織物「保多織」で作るリネン。高知の日曜市のカゴなど。ワークショップは香川県在住の木工職人イイマヒロシさんによる親子向けの木工ワークショップを企画しています。)
[PR]
by habaki-hibi | 2008-09-26 23:06 | ARAHABAKIが出来るまで
<< 「旭屋コロッケ」ゲットならず! 子どもと仕事と >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ