Top
一品更屋『 のたべ 〜 春の海 ひねもすのたべ のだてかな 〜』の思い出
今日は 5月3日・4日の2日間に行われた、一品更屋さんの「のたべ 〜 春の海 ひねもすのたべ のだてかな 〜」を振り返ります。ガイドに一品更屋さん、ご飯は稲中寛子さん、野点はれんぴかさん。今回のそとごはんツアーでは一番中身の詰まったロングタイムなイベントになりましたよ。それでは「のたべ」の旅のはじまりはじまり〜。

c0172177_2320139.jpg

2日間とも暑いくらいのお天気の下、 ARAHABAKIにお集りいただいた皆さんとご対面です。
「一日楽しく過ごしましょう!」軽く自己紹介をした後、さあ!ご飯を食べる場所まで山を超えてハイキングで向かいます。

c0172177_23231387.jpg

手始めに裏山を上ります。「う〜ん、意外と急だなぁ。」の図。息子を含む葉山キッズを隊長にずんずん進みます(3日のみ)。「お〜い!ペース早いよ〜。」

c0172177_2324957.jpg

上りは辛いけど、新緑の匂いを吸い込みながら皆さん笑顔で進みます。


c0172177_23251747.jpg

標高150mくらいの小山ですが、頂上付近では見晴らしが最高!
菜島、逗子マリーナ、江ノ島などが一望。曇ってなければ富士山も拝めます。


c0172177_23274238.jpg

ふ〜頂上広場で一息。明日は筋肉痛かなあ。
でも下りはあっという間ですよ。少し休憩してから下山します。


c0172177_23283038.jpg

道中こんな可愛い子と出会う。台湾リスもあちらこちらに。


c0172177_23304527.jpg

小道歩きの後には、キラリと光る海が待っています!あともう少し!


c0172177_2332096.jpg

じゃじゃん。一色海岸に到着です!ここまで1時間弱、とっても気持ち良いコースでした。
ハイキング靴をビーサンに履き替えて足指もご機嫌な皆さん♫
早くも!ビキニ姿の女性がいたり、シーカヤッカーやピクニック客などで、賑やかな浜辺。


c0172177_2334363.jpg

さて。お腹減りましたね〜。ごはん!ごはん!はやく「のたべ」の地へ。


c0172177_0401277.jpg

c0172177_2336832.jpg

到着!とりあえず皆さんと記念撮影でパチリ。皆さん清々しい笑顔です。


c0172177_23405948.jpg

待ってました!のたべの始まりです。美しく詰め合わされたお重の中から、みなさんにお料理をよそい分けます。
あぁ、稲中さん。どれも美味しそうですよ!

c0172177_23432648.jpg

c0172177_23433833.jpg

皆さん、それぞれ持参した器や、一品更屋さんが用意した紙皿によそいます。
お料理の感想としては、見た目はシンプルで素朴な味付けと思いましたが、一口頂くと印象はがらりと変わり、とても繊細な味付けでうまみがふわっと口の中に広がります。これはなんとも、すごい料理家さんにお料理をお願いしたなぁと思いました。

c0172177_23473575.jpg

のたべでは山田真子さんの入れ子を持参。デモも行いました。
器だけでも美しいですが、お料理がのるとさらに素敵でしょ。
こちらはジャンケン大会の勝者が食すことに。うらやましい。


c0172177_23505420.jpg

やはりそとで食べるごはんは格別です!晴れてよかったなぁ。お食事の合間に日本酒やワインもふるまわれ、気持ちいいですねえ〜。

c0172177_23513341.jpg

食事後は磯遊びです。カニさんいっぱいいましたねえ。海水もちょうどいい温度。
足をじゃぶじゃぶして楽しみます。


c0172177_23534576.jpg

さて。お腹いっぱいになり、ひとしきり遊んだあとは、れんぴかさんによる野点です。稲中さんの和菓子つき♡。3日はARAHABAKI裏の野外スペースにて。4日は御用邸近くの海岸で行いました。

c0172177_23574295.jpg

簡単なレクチャーも交えつつ、れんぴかさんのお茶をいただきます。見慣れぬお茶道具がちらほらと。作法とあわせてとても勉強になりますね。
お湯はT's Stove のアルコールストーブで湧かし、魔法瓶に移して適温の湯を使います。

c0172177_002534.jpg

参加者さんとても嬉しそう。れんぴかさんは茶道武者小路千家のお茶の先生でありながら、堅苦しいところなはく、とても気さくにお話してくださる素敵な方。でも、一つ一つ緩急のある動作や凛とした振る舞いに、自然と背筋は伸びます。

c0172177_052663.jpg

こちらは3日の「のだてとテント」。なんとも不思議な光景です。 Locus Gearのシェルターに囲まれていても、れんぴかさんの野点だと馴染んでますねえ。

c0172177_0832100.jpg

最後は丁寧におじぎをして、ごちそうさま。


これにて、一日葉山を満喫するツアーはおしまいです。あれもこれもと、楽しさを詰め込んだ分、参加者さんが疲れて脱落する方が出てしまうのでは?と心配していましたが、アドレナリンが優先したのか、皆さんがすごぶる元気なのか(笑)。最後までおしゃべりをしながら、楽しく終わることができました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!プライベートでも、ぜひ、のんびりと葉山散歩に来てくださいね。

最後になりましたが、今回のツアーに尽力いただいた一品更屋さん、稲中チームさん、れんぴかチームさん。大変お忙しい中お世話になりました。楽しい「のたべ」と「のだて」、ありがとうございました!!
[PR]
by habaki-hibi | 2010-05-18 23:12 | ARAHABAKI つうしん
<< T's Stove『 ... つむぎや『 外にぎりHolid... >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ