Top
小沢敦志さんのアトリエにて。
c0172177_22295667.jpg

本日は、鉄作家「小沢敦志」さんのアトリエにお邪魔した時のお話です。立川市富士見町に石田倉庫という素敵な場所があります。ここは様々なジャンルのアーティストの活動拠点となっており、小沢さんのアトリエはこの青いドアが印象的な倉庫No.3なのです。

c0172177_22463797.jpg

中に入ると、そこは正に物作りの現場と言った趣き。大きな機材や高く積み上げられた何かの材料、そして色んな道具が所狭しと詰め込まれた、"The 男らしい空間"です!

c0172177_22584563.jpg

小沢さんが取り組まれている制作の一つに、スチール製の工業製品を火で赤め、ひたすら叩き続けるという、とても興味深いものがあります。こちらは自転車の車輪ですね。鉄を叩いている時は、いかに作為的にならずにモノの個性を引き出すか?ということを常に心掛けているそうです。

c0172177_2353116.jpg

次は問題です。さてこの「かたまり」は何でしょう?
きっと分からないですよね。
正解は、コピー機です。
えっ!コピー機なの?

そうなんです。コピー機の薄い板状のパーツを火で赤めた後、可能な限り折り畳んでいくとこうなった。かなりいい形していると思いませんか。

c0172177_2315757.jpg

小沢さんが、少し実演をしてくださることに!薄い板状のスチールを手に持ち、バーナーから吹き出る火で真っ赤になるまで熱します。

c0172177_23192131.jpg

そしてすぐさまアンビルと呼ばれる金床の上でビシビシ叩きます。「鉄は熱いうちに打て」を目の前で体現していただき感激でございます。左利きの小沢さん。手の振りが早くてシャッターに収まりきらず。

c0172177_2324296.jpg

こちらは愛用の金槌コレクション。鉄製の金槌ラックもいい佇まいです。


c0172177_23271771.jpg

こちらはペンチを叩いた後、エイっと持ち手を曲げたもの。壁に掛けることが出来、フックとしても使う事ができます。どことなく愛嬌のある姿も魅力。

ご紹介してきた、小沢敦志さんの作品は2月20日(土)より始まる「かたちのきおく」にて展示販売いたします。先程の「かたまり」たちをはじめ、「これは元々何だったの?」と想像力を掻き立てるかたちが並びますよ。どうぞお楽しみにしていてください!!
[PR]
by habaki-hibi | 2010-02-14 23:39 | ARAHABAKI つうしん
<< 「田中美穂植物店コーヒショップ... 北川家へ。 >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ