Top
津田清和さんの工房へ。
本日はガラス作家、津田清和さんの工房兼お住まいにお邪魔した時のお話です。
昨年11月に初めて伺い、年末に家族でまた遊びに行きました。
奈良県葛城市の閑静な住宅街に、一昨年独立して工房を。
自身の作品を作りつつガラス教室もしているそうです。ご近所さんが羨ましい。通いたい〜。
c0172177_16374979.jpg


もとは工場だそうで工房は広く、ご自身の作品用に作った(!)窯が何台も。
ガラス作家さんは作品ごとに道具や窯を作る方が多いとか。
しかし、広いにも関わらず整理整頓がキッチリされて、丹精に作品や切花やオブジェが飾られており、津田さんのお人柄と感覚をうかがい知ることができます。
c0172177_16381320.jpg


使い込まれた手仕事の道具。見ているだけで楽しい。

c0172177_16383186.jpg


アツアツの窯。実際に溶かして息子(少しびびり気味)相手に実演してくれました。
c0172177_16382083.jpg

みょーんと、どこまでも伸びる伸びる。

c0172177_16383850.jpg


ふと、窯の上を見ると見慣れたオブジェがぽつりと。
以前、津田さんが「工房からの風」に参加した時に、となりブースだった石原稔久さんから
譲り受けたワンちゃんでした。火の番として窯の上でずっと見守っているそうです。
c0172177_16385096.jpg


津田さんのつくる作品は、凛々しく美しい。そして使い心地がよい。
ガラスの厚さが極限まで薄いもの、細かく繊細な切子を施したもの、錆や緑青をイメージさせる風合いを持つもの、などなど。
日常のなかで、そっと美しく存在するもの。希有なものばかりです。
c0172177_16385772.jpg

c0172177_1639728.jpg

c0172177_16392050.jpg


何年か前にヒナタノオトさんで津田さんの蕎麦猪口に出会い、不器用で何度か割りつつ(笑)買い足すほど作品が好きな相方(妻)の要望で伺い、とても嬉しい!ことにご縁がありARAHABAKIで作品を取り扱うことになりました。今年の前半には何種類か届くと思いますのでお楽しみに!
また、5月の「そとごはんのすすめ II」に参加くださることになり、野外でガラスものをどのように使えるか、そちらの方もとても楽しみ!
津田さん、年末のお忙しい中、本当にありがとうございました!
[PR]
by habaki-hibi | 2010-01-07 16:48 | ARAHABAKI つうしん
<< 黒木泰等さんの器が入荷しました。 初ハイク! >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ