Top
aalto coffee 「美味しいコーヒーの淹れ方教室」の思い出
今年は涼しかった夏のせいか、温かいコーヒーが飲みたくなる季節が早く訪れた様な気がします。

さて。本日はaalto coffee 庄野雄治さんによる「美味しいコーヒーの淹れ方教室」の思い出を写真とともにご紹介します。オープニングの「しこく展」からARAHABAKIに新鮮で美味しいコーヒー豆を届けて頂いている、徳島の aalto coffeeさん。今回は光栄にも秋のツアーにARAHABAKIを加えて頂いての実現となりました。

c0172177_22183388.jpg

ペーバードリップで美味しいコーヒーを淹れる教室です。いつもはお店の中なのだそうですが、せっかくARAHABAKIでやって頂くということで、事前にお願いをして庄野さんにとって初!となるアウトドアスタイルでの教室の始まりです。

こちらは一回目の教室風景。集まった参加者の皆さんを前に、美味しい豆の見分け方や淹れ方についてお話しているところです。「お湯の温度は何度がベストですか?」などの質問にもユーモアを交えつつ分かり易く答えてくれました。

c0172177_22424918.jpg

こちらは夕方に差しかかる時間帯に行った二回目の風景です。真剣な眼差しでノートをとる方も。

c0172177_22533929.jpg

まずは庄野先生のお手本から。やっぱり一人分を美味しく淹れるためにはドリッパーも小さめのものを用意して、挽いた豆の表面積が大きくなることが大切なのだそうです。お湯の注ぎ方は正にプロの技!このようにふっくらと持ち上がるのです。

c0172177_2353796.jpg

コーヒーマスターと言えば、ものすごく少量づつお湯を注ぐタイプの方もいらっしゃいますが、庄野さんが目指すのは、日常の一部となるように簡単に美味しく淹れること。想像していたより早いペースでお湯が注がれていきました。「この淹れ方なら毎日出来るかも!」なんて思わせてくれます。
c0172177_23135165.jpg

先生のお手本の後には、いよいよ実践として自宅使いの道具を持ち出し練習タイムです。

c0172177_23164599.jpg

お湯湧かし担当はキャンプにワークショップに大活躍!のMSR ガソリンストーブ。皆さんのポットにお湯を供給する為に頑張りました〜。参加者の皆さんは「こんなに短時間のうちにコーヒーを何杯も飲んだのは初めて〜」と言うくらい、何回も練習頑張りましたね!きっときっと上達されたことと思います。美味しいコーヒーの秋を楽しんでください!

c0172177_23241523.jpg

ちょっとオマケは、コーヒー教室後の風景。富井貴志さんの個展二日目の後だったこともあり、この日はそのまま外ごはんをするために、バーベキューへ突入しました(笑)。業種は違えど、やってみたかったことを仕事にしている同士として熱く語り合う楽しい夕べでした。

庄野さん、富井さんファミリーありがとう。また楽しいことやりましょう!
[PR]
by habaki-hibi | 2009-10-03 23:46 | ARAHABAKI つうしん
<< 次回DMの撮影をしました。 「竹の匙づくり」ワークショップ... >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ