Top
茶臼岳 - 1915mの頂きへ!
c0172177_22281920.jpg

本日は雨の合間を見てトライした茶臼岳登山のお話。茶臼岳は那須五峰の中で一番高い山(1915m)で、日本百名山の一つにも数えられることでも有名。標高150m程の裏山とは桁違いなこともあり、小さい子どもを連れて大丈夫なのか心配だったのですが、9合目までロープウェイで行けるということで、とりあえずは一気に9合目までヒューンとロープウェイに連れて行ってもらいました。

私たちの他にも子連れの方をはじめ、沢山の人が乗っていたのでちょっと安心。さぁ頑張っててっぺん目指すかぁ!と意気込んでいたら、またしても雨が。。山頂駅に着く頃にはどしゃ降りになっていました。ひゃ〜、ど〜しよ〜。

c0172177_2323556.jpg

駅でしばらく待機していたら、程なく雨が上がりました。でもまたいつ急に天候が変わるか分かりません。山頂までの往復は1.6km。よし!「なるべく早く歩いて、山頂にタッチしたらすぐ降りる!」作戦で決行することにしました。出発〜!既に標高が高く、雲が眼下に見えます!

c0172177_2324055.jpg

茶臼岳は現在も活動を続けている活火山でもあるため、ウラジロタデやマルバシモツケなど背の低い高山植物と岩ばかりの特異な景観が広がっています。どこからともなく硫黄の独特な匂いも漂います。

見るからに急峻な山の斜面をダイレクトに頂上目指して歩きます。歩道は無くて所々岩に直接スプレーされた黄色い矢印が道しるべとなっていました。ひょ〜!とてもキツい!!「なるべく早く歩く作戦」はすぐに断念しましたが、頂上に近づくにつれまた雨雲が。。

c0172177_23374966.jpg

何とか鳥居さんに到着。私、かなりヘロヘロですよ。逆に息子は余裕の表情!「何なんだ、この体力。」さらにてっぺんの山頂の那須嶽神社の社にも辿り着けました!「やった〜!」と達成感に浸りつつも、すぐに下山開始!こんなところで雷でも発生したらたまりませんっ。

c0172177_23101374.jpg

「早く降りたい」気持ちとは裏腹に岩の連続&急斜面と硫黄質の粘土みたいな地面に足をとられ、二三度転びましたよ。。周りの山は緑がいっぱいなのに、この山だけは違うんですねぇ。蒸気が出ている箇所もあったりして、「この山は生きているんだなぁ」と実感できました。

足がガクガクになりながらも無事、ロープウェイ乗り場に戻り、山頂までの往復が嘘のように「ヒョイ〜」っと下界に降りたのでした。ドキドキしたけど、頂上を極めた喜びは大きかったです。

c0172177_23555656.jpg

ちょっとオマケ。テントに戻って仮眠をとった後、行って来ましたよ。「ナイトサファリ」へ。思っていたより臨場感があって、バスの中は大興奮!草食動物におやつをあげることが出来て、これがわんさか寄ってくる。子供から大人までキャーキャーはしゃいでいました。

アピール上手なつぶらな瞳のヤク君。「僕にちょうだい」


c0172177_021567.jpg

「あ〜ん」ナイスショットでしょ(笑)。

[PR]
by habaki-hibi | 2009-08-12 23:22 | お出かけ
<< 森戸の浜の盆踊り大会 またしても。。 >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ