Top
大江憲一さんの「入れ子器」が届きました。
いよいよ展覧会の準備も大詰め!ハイクツアーの準備も整い(土屋智哉さん。寒川ハジメさん。下見に来てくれてありがとうございました!)展示の主役となる「入れ子器」もほぼ揃いました。今回、詳しくお届けするのは、岐阜県土岐市で制作されている大江憲一(おおえのりかず)さんの入れ子器です。
c0172177_1515374.jpg

艶やかな光沢感のある鉄釉のカップ。その上にひらりと舞い降りたかのような愛らしい鳥が、蓋の役目をしています。丸みを帯びたカップはゆったりと面取りがしてあり、蓋とのバランスもとても美しいです。
c0172177_295785.jpg

ほんの少しだけ首をかしげてこちらを伺っているような表情。「ねぇ。どうしたの?」なんて今にも喋りだしそう。とても慎重に繊細な小鳥の足を持って、ドキドキしながら開けてみましょう。
c0172177_2141628.jpg

中に収められていたのは、一回り小さなカップと白くて丸い小壷でした。

c0172177_2173750.jpg

中身を全て取り出すとこのようになります。そしてそして、まだ続きがあるのです。

c0172177_2192589.jpg

先ほどの、入れ子カップと組で提案してくださったのが、このポット。
こちらには小鳥が座っています。

c0172177_222699.jpg

見た目に美しいだけでなく、とても使い易くて湯切りも大変良いです。
さてさて。次はこの小鳥さんを、そぉっと持ち上げてみましょう。

c0172177_225852.jpg

なんと!このポット専用のドリッパーがついているのです。一つのポットでお茶を入れ、そしてコーヒーを落とす。今回の入れ子のテーマ。「道具の用途を一つに限定しない」に通じるナイスなアイデア。さすがです!
c0172177_2311123.jpg

入れ子のカップとポットを持って、さぁどこでお茶しましょうか?
道すがらで摘んだ草花を小壷に生けて。いつもとは違うお茶の時間を楽しんでください。

c0172177_2433422.jpg

今回、意欲的に作品を制作していただいた大江さん。たたら成形による白磁の入れ子角皿も届いております。写真は中サイズと極小サイズの角皿に料理を盛りつけて撮影したものです。さらに大きなサイズと一回り小さなサイズが入れ子になっています。

連日お伝えしておりますが、本日ご紹介した入れ子器は、この企画展の為に特別に制作していただいたオリジナル作品のため、期間中に販売できるのは、この一点のみです。後は注文制をとらせていただきますのでご了承ください。

・入れ子式鉄釉カップ(壷+蓋付) 11,500円(税込) ・鉄釉ポット+ドリッパー 14,500円(税込)
一揃えの場合は全てで 26,000円(税込)になります。


・入れ子式白磁角皿(大1・中1・小1・極小×4) 18,300円(税込)です。


日常の道具として。そして愛玩の品として。
いつもの暮らしに新鮮な彩りを与えてくれる。そんな入れ子器だと思います。

[PR]
by habaki-hibi | 2009-06-18 23:49 | ARAHABAKI つうしん
<< 「そとごはんのすすめ」展。明日より! 富井貴志さんの「入れ子器」が届... >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ