Top
「旧音羽楼跡地」樹木の里親募集
c0172177_21191262.jpg

「音羽楼の敷地内の木を貰えるらしい」という情報を聞いて、昨日どんなものなのか見て来た。134号線にあるケーキ屋「鴫立亭」の脇の旧道を入った小道沿い。音羽楼はもともとは証券界の重鎮、玉塚栄次郎が構えた別荘。約480坪の敷地に建つ平屋の和風建築だったそうだ。一度は訪れてみたいものだと思っていたら、昨年いつの間にか建物が取り壊されていて、宅地開発が入って細分化されるらしいと小耳にはさみ心を痛めていたのだ。

今はなき旧音羽楼跡地に立つ。在りし日の面影はもうないけれど、宅地開発業者との交渉を重ね、幸い敷地を一括で買い取り!跡地に隣接した森山神社の参道沿いの樹木などを残して、木造低層の賃貸住宅を建設するプロジェクトが始まっているらしい。すごい!格好いい!!

なるほど。敷地を取り囲むように様々な木々や植物が伐採を免れて残されていた。(良かったね。)特に奥のエノキの巨木は圧巻!「この立派な木は残して建物を設計します。」と、このプロジェクトを進めている方から話を聞いて嬉しくなった。既に「この木が見える部屋を借りたい。」と申し出ている人までいるそうだ。

来る12月7日(日)には、この跡地にて残すことのできない樹木の里親募集の受付けを行っています。こちらは先週から募集が始まっていたので、既に嫁ぎ先の決まった木が多かったけど、行く価値ありです。私はすみっこに生えていたハランや熊笹、それから壁をつたっていたヘデラなんかをもらう予定。なんといっても素晴らしいバックストーリーを持つ樹木や植物たちですから。ワクワク。

午後2時〜はこの敷地と参道および道路の境界部分のデザインについて周辺住民の方や森山神社・旧音羽楼跡地と縁のある方々とともに考えるワークショップ(というか話し合い)があります。その後6時〜は海の家「オアシス」さん協力のもと「師走のおでん大会」なる楽しいイベントもありますよ〜。
[PR]
by habaki-hibi | 2008-12-01 21:59 | 葉山の暮らし
<< SHIZEN(シゼン) 悩ましい「外。きもちいい計画」 >>



ARAHABAKI (あらはばき)とその周辺について綴ります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ARAHABAKI つうしん
ARAHABAKIが出来るまで
葉山の暮らし
森戸海岸線グルメツアー
お気に入りなものたち
お出かけ
つぶやき
以前の記事
2012年 07月
2011年 06月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ホームページ